Top >  症状別 どくだみ活用 >  はれものに どくだみ黒焼き軟膏

はれものに どくだみ黒焼き軟膏

昔からどくだみの葉を焼いてはれものができた患部につけると、うみが早く出て早く治るといわれてきました。
どくだみ成分「デカノイルアセトアデルヒド」に強力な抗菌作用があり、また葉緑素(クロロフィル)が皮膚組織の再生を促すからです。

どくだみの黒焼き軟膏の作り方
1.どくだみの生葉数枚をアルミホイルでしっかり包む。
  なるべく空気に触れないようにするため。

2.フライパンで弱火でゆっくり蒸し焼きにする。

3.2~3分して、どくだみが黒く変色したら、すりつぶす。

4.3を患部にのせて、ばんそうこうなどで止める。


         

症状別 どくだみ活用

どくだみは、飲むだけでなく毒だしといって、腫れ物などにも昔からよく使われてきました。 あまり野草が身近でなくなってきた昨今、どくだみの使い方を教えてくれる人がすくなくなりましたね。 都会以外では、身近に生えているどくだみは、実はとっても役に立つものなんです。なじみのある、どくだみ茶やどくだみ化粧水以外の使い方を紹介します。

関連エントリー

デトックスに どくだみ梅酢 おできに どくだみはり薬 皮膚疾患・打撲・高血圧に どくだみ青汁 はれものに どくだみ黒焼き軟膏