Top >  どくだみってどんなもの? >  どくだみ活用のいろいろ

どくだみ活用のいろいろ

どくだみは生でつかう場合と、乾燥させて使う場合があります。
どくだみの生葉は主に皮膚疾患に使われます。
どくだみに含まれる「デカノイルアセトアデルヒド」が強力な抗菌作用を発揮し、
葉緑素(クロロフィル)の皮膚組織の再生を促すからです。

<どくだみ・生の葉活用方法>

どくだみの生葉で絞り汁(青汁)をつくって、飲んだり、また皮膚疾患のあるところに直接つけて使います。
 →青汁活用法

どくだみ貼り薬、どくだみ軟膏を作って皮膚のトラブル、打撲などに使う。
 →おできに どくだみはり薬
 →はれものに どくだみ黒焼き軟膏

化粧水を作る
どくだみの化粧水は、美白、しみ、そばかす、吹き出物にいいといわれています。
 →どくだみ化粧水 作り方


<乾燥どくだみ活用法>

乾燥した葉は、どくだみ茶として飲んだり、どくだみ風呂にしたりして使うことができます。
乾燥したどくだみを煎じて飲むと、便通や尿の出がよくなり、体内の老廃物が体外に排出されます。
どくだみ風呂は、あせも、皮膚のかぶれ、ただれ、湿疹、水虫、痔核などに効果があるといわれています。
 
 →どくだみ茶の作り方
 →どくだみ風呂 どくだみ入浴法


         

どくだみってどんなもの?

どくだみについての基本について紹介しています。 どくだみはどう採取したらいいのか?どんなところにあるのか?昔から活用されてきたどくだみの、活用方法を幅広く紹介しています。具体的に、活用する前に、どくだみについて知ってみましょう。どくだみのことを知ってをぜひ生活に役立ててみましょう。

関連エントリー

どくだみ(ドクダミ)とは? どくだみ活用のいろいろ どくだみの効能・効果とは? どくだみの採取法