Top >  どくだみの活用法 >  どくだみ茶の作り方

どくだみ茶の作り方

どくだみの効能を期待するなら、煮出して飲むのがおすすめです。

1.どくだみを採取する 
  地面から少し上を摘み取り、水洗いして汚れをおとす。

2.どくだみを一掴みずつ束にして、風通しのよい軒下やベランダで、穂先をしたにして干す。
  晴天の夏なら3~5日。普通は1週間から10日くらいかかります。
  手で触ってしゃりしゃりした感じになればOKです。

 お天気がよい場合は、どくだみを束にせず、ばらばらにして、日当たりのいいところに広げて、日光に当てて乾燥させてから、上記のように束にして干すと早く乾燥できます。

3.乾燥したどくだみは、はさみで小さく切って、空きカンなどにいれ、風通しのよいところにおきます。
  お菓子に入っている乾燥剤を一緒にいれるといいです。
  湿気を嫌うので、ビニール袋での保存は避けた方がいいです。
  充分に乾燥させ、カビなどが発生しない場合は、ずっと使えます。

4.土瓶に乾燥したどくだみ10~20gと水500~600mlをいれ加熱します。
  沸騰したら弱火にして、煮立てます。(一日分の目安です)。
  どくだみは薬ではないので、好みで2~3分でも、しっかり30分約半量になるまで煮詰めてもどちらでもOKです。
  土瓶のほかに、普通のやかんや鍋でもいいのですが、鉄瓶は使わないほうが無難です。

5.茶こしでこして、どくだみ茶のできあがりです。
 飲まない分もこして、別の容器に保存しておきます。(どくだみの成分が葉にもどらないように)

目安としては1日3回くらいにわけて飲み、空腹時に飲むと体への吸収率もいいです。温かいものを飲みます。

どくだみ茶をさらにおいしく飲むには、乾燥した葉を煎ってのむと更においしくなります。
この場合は、どくだみを乾燥させすぎず、多少湿り気があるくらいで煎ります。フライパンにクッキングシートを敷いて、中火で1分くらいが目安です。


         

どくだみの活用法

どくだみを活用するさまざまな方法を具体的に紹介しています。どくだみと言えば、どくだみ茶を最初に思い浮かべる方が多いかもしれませんね。どくだみはお茶だけでなく、さまざま使い方ができます。どくだみ化粧水の作り方、どくだみ化粧水の使い方、どくだみ風呂についてなど、どくだみ活用の基本編です。

関連エントリー

どくだみ入浴法 どくだみ茶の作り方 どくだみ茶の効能 どくだみ茶をおいしく飲むコツ どくだみ 化粧水(ローション ) 作り方 どくだみ化粧水の使い方