Top >  どくだみの活用法 >  どくだみ入浴法

どくだみ入浴法

どくだみ風呂は、あせも、皮膚のかぶれ、ただれ、湿疹、水虫、痔核などに効果があるといわれています。
最近ではアトピー性皮膚炎で症状が改善されていて、どくだみ風呂をすすめるお医者さんもいるほどです。
どくだみの、血行改善、毛細血管の強化、新陳代謝促進作用で、皮膚の毛細血管の血行がよくなり、お肌の改善になるのではと言われています。
また、どくだみ風呂は湯冷めしにくく、ぐっすり眠れる効果もあります。

生のどくだみのほうが、効果的ですが、乾燥どくだみでも使えます。

<生のどくだみを使う場合>

片手に一握りくらいのどくだみを、水でよく洗って汚れを取り、適当な大きさに刻み、布製の袋(もしくは洗濯ネット)にいれて、お風呂に入れる。

もしくは生のどくだみの葉を鍋に入れ水をいれて火にかけ、どくだみの抽出液をお風呂に入れる。

<乾燥どくだみを使う場合>

乾燥させてたどくだみ(どくだみ茶の作り方1~3参照)を二つかみを布製の袋にいれ、熱湯を注いでどくだみのエキスを抽出する。 抽出液と、袋のどくだみをお風呂にいれる。


         

どくだみの活用法

どくだみを活用するさまざまな方法を具体的に紹介しています。どくだみと言えば、どくだみ茶を最初に思い浮かべる方が多いかもしれませんね。どくだみはお茶だけでなく、さまざま使い方ができます。どくだみ化粧水の作り方、どくだみ化粧水の使い方、どくだみ風呂についてなど、どくだみ活用の基本編です。

関連エントリー

どくだみ入浴法 どくだみ茶の作り方 どくだみ茶の効能 どくだみ茶をおいしく飲むコツ どくだみ 化粧水(ローション ) 作り方 どくだみ化粧水の使い方