Top >  どくだみってどんなもの? >  どくだみ(ドクダミ)とは?

どくだみ(ドクダミ)とは?

どくだみはドクダミ科の植物で、日本全国、東南アジア各国にも広く分布する多年草です。
ベトナムでは料理にもよく使われますが、日本でも民間薬として昔から使われてきました。
乾燥したどくだみは「十薬」と言われ、「日本薬局方」にも収載されています。
どくだみは山野、草原だけでなく、都会の空き地などでも見られるほど、繁殖力が旺盛で、根茎をのばして繁茂します。
春先の3月下旬~4月にかけて地上に芽をだし、6~8月ころに花をつけ、秋に枯れます。
昔から「夏の土用の丑の日に採ったドクダミは効く」といわれ、開花の最盛期6~7月にとるのがどくだみの効能が高くなるといわれています。


         

どくだみってどんなもの?

どくだみについての基本について紹介しています。 どくだみはどう採取したらいいのか?どんなところにあるのか?昔から活用されてきたどくだみの、活用方法を幅広く紹介しています。具体的に、活用する前に、どくだみについて知ってみましょう。どくだみのことを知ってをぜひ生活に役立ててみましょう。

関連エントリー

どくだみ(ドクダミ)とは? どくだみ活用のいろいろ どくだみの効能・効果とは? どくだみの採取法